ピンボール超電磁砲

女子ゴルフ国内ツアー 来年は1試合減の37大会、賞金総額1億円超減の44億円に

 [ 2023年12月20日 04:40 ]

2024年国内女子ツアー日程
Photo By スポニチ

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は19日、来年のツアー日程を発表した。

 24年シーズンは2月29日初日のダイキン・オーキッド・レディース(沖縄)で開幕。23年から1試合減の37大会を開催予定。賞金総額は1億1734万円減の44億円。コロナ禍で統合された20~21年シーズンを除き、試合数と賞金総額が減少したのは18年以来となった。

 計10大会の会場が替わり、TOTOジャパンクラシック(スポニチ主催)は茨城・太平洋クラブ美野里Cから滋賀・瀬田GC北Cに舞台を移す。

 また、7月に開催されていた楽天スーパー・レディースが中止となり、同月は2週がオープンウイークとなる。会見したJLPGAの小林浩美会長(60)は「夏の猛暑対策など総合的な観点から、来年は1つ空き週とさせていただく」と語った。

 ≪NEC軽井沢72はパリ五輪と同週に開催≫来年8月7~10日に行われるパリ五輪女子ゴルフ競技と同週の9~11日にNEC軽井沢72を開催する。21年の東京五輪は自国開催でもあり同週の大会を休止していたが、規定上、国内メジャー以外の大会は実施することが可能という。小林会長は「今回、私たち日本のツアーはそのまま開催すると決めた。日本は日本で開催して、オリンピックに出る選手にはメダルを獲ってほしいというのが協会の願い」と説明していた。

続きを表示

2023年12月20日のニュース