ピンボール超電磁砲

元関脇・寺尾の錣山親方死去 9月には大相撲公式ユーチューブで元気な姿 再出演願うもかなわず

 [ 2023年12月17日 22:36 ]

錣山親方(元関脇・寺尾)
Photo By スポニチ

 「鉄人」と呼ばれ、闘志あふれる取り口でファンも多かった大相撲の元関脇・寺尾の錣山親方(本名・福薗好文=ふくぞの・よしふみ)が死去したことが17日、分かった。60歳だった。

 2002年秋場所中に引退し、年寄「錣山」を取得。2004年1月に錣山部屋を構え、小結・豊真将(現立田川親方)、小結・阿炎らを育てた。最近は体調を崩し相撲協会の業務も休みがちだったが、今年9月「九月場所」中の18日にはYouTubeで配信の「日本相撲協会公式チャンネル」に出演。元気な姿を見せていた。

 錣山親方は一緒に出演した山科親方と主治医が一緒という話や、スマートフォンにしたが「アプリでもう心が折れている。アプリの意味が分かってない」などのエピソードを交えながらトークをし、最後に久しぶりの感想を聞かれると「楽しいです」と答え、また出演を、と言われると「いくらでも」と語っていた。

 だが、関係者によると9月下旬から入院。今月17日未明から容体が悪化した。そのためこの回最後の出演となり、ファンからは「この回が錣山親方のラスト出演になるなんて…」「まだまだ信じられません」「優しくてユーモアのある親方が大好きでした」「3ヶ月前は元気だったのに、、、」「ご冥福をお祈りします」「やはり細くなっている感が…」などの声が寄せられていた。

続きを表示

この記事のフォト

2023年12月17日のニュース