ピンボール超電磁砲

「シーラカンスの日」トレンド1位! ネット「おいしいのかな?」「ポケ森で何度か釣った記憶が」

 [ 2023年12月20日 10:04 ]

インドネシア・スラウェシ島北部マナド近海で漁師に捕獲されたシーラカンス(サムラトゥランギ大撮影・アクアマリンふくしま提供)
Photo By 提供写真

 X(旧ツイッター)で20日午前、「シーラカンスの日」のトレンド1位となった。

 1952年12月20日、コモロ諸島のアンジュアン島でシーラカンスが捕獲され学術調査が行われたことに由来し、同日が「シーラカンスの日」とされるようになった。

 シーラカンスは、シーラカンス目に属する魚類で、化石種も現生種も含めた総称。古生代デボン紀に出現し、淡水域や浅海域と幅広く生息したと考えられ、多くの化石種が知られている。体長は1~2メートル、寿命は60~100年とされる。背骨(脊椎骨)がなく歩くように泳ぐ。

 この「シーラカンスの日」について、インターネット上には「シーラカンスっておいしいのかな?」「ポケ森で何度か釣った記憶が」「よく分からないけどときめいた!」「どうぶつの森でなんとかシーラカンスを釣ろうと頑張っていたのを思い出すなぁ」「生きた化石!!!!」「古代の海の秘密を知っているかのようなシーラカンス、不思議で魅力的だよね」など、さまざまな声が上がっている。

続きを表示

2023年12月20日のニュース