ピンボール超電磁砲

DeNA・東 一気に大台突破302%増1億500万円で更改 過去2年2勝から“下克上”「妻に感謝」

 [ 2023年12月20日 05:30 ]

サンタ姿でバナナを手にする東(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

  DeNA・東克樹投手(28)が19日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7890万円増の年俸1億500万円でサインした。昇給率302%で、今季の年俸2610万円から一気に大台を突破。満面の笑みを浮かべた。

 「大台を突破できてうれしい。僕も妻も喜びました。支えてくれた妻に感謝です」

 6年目の今季は大躍進の1年となった。16勝3敗、勝率.842で最多勝と勝率第1位の投手2冠を獲得。バッテリー賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を合わせた5冠が、ホクホクの金額となって表れた。

 開幕前にリリースポイントを10センチほど下げ、制球重視のフォームに変更したことが奏功した。過去2年でわずか2勝からの下克上。「球団から“来年も頑張ってくれ”と言われ覚悟も決めた」と言葉に力も入った。

 覚悟。その言葉には先発陣をけん引する思いがにじみ出る。今永がポスティングシステムを利用し、メジャーに挑戦。1年契約を終えたバウアーの残留も不透明だ。三浦監督からも開幕投手の最有力候補に挙げられており「自覚を持って責任ある行動を取りたい」と表情を引き締めた。

 目標は球団では83年の遠藤一彦以来41年ぶりとなる沢村賞だ。「箔(はく)を付けたい。自信にもなる」と意欲を見せた一方で、交渉では「2軍の子たちを1軍で使ってもらいたい。活性化する」と球団に要望。チームがレベルアップするためなら、競争激化も受けて立つ構えだ。「プレッシャーはありますが、打ち勝てば本物のエースに近づける」。26年ぶり優勝&日本一へ先頭をひた走る。(大木 穂高)

続きを表示

2023年12月20日のニュース