ピンボール超電磁砲

異例ずくめの入団会見 発表からわずか2時間後、ペイペイドーム内の手狭な一室

[ 2023年12月20日 06:00 ]

三笠GMから帽子をかぶせてもらったソフトバンク・山川(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 異例ずくめのFA会見だった。ソフトバンクのFA獲得選手の会見は、昨年の近藤のようにホテルで行うのが通例だった。だが、今回の会場は一般の人が行き交うことがないペイペイドーム内の手狭なプレスカンファレンスルーム。しかも、午前11時の発表からわずか2時間後だった。

 嫌疑不十分のため不起訴処分となったとはいえ、強制性交の疑いで書類送検された山川の獲得。球団には過去に例がない数の苦情の声が届いたが、三笠杉彦GMは球団独自の調査の結果、獲得に支障はないと判断したと説明した。「不起訴になった経緯、本人が深く反省して、野球に打ち込みたいという気持ちを確認した。最終的には発表直前に社内での了解を得た」と説明した。孫正義オーナーから「ホークスとしての判断を尊重する」と伝えられたと明かし、今後は球団のコンプライアンス強化を図る方針も示した。

 球団は今季4軍を新設して選手育成に力を入れているが、山川獲得は若手の成長を阻害することになりかねない。三笠GMは「(柳田、近藤ら)しっかりした選手で攻撃力を担保した上で若い投手を育てるのがここ2、3年でのテーマ」と球団のビジョンを示した。

 《監督はサポート約束》小久保監督は山川の加入を「戦力アップとなることを期待しています」と歓迎した。山川が会見で発した「これまで以上に自覚を持ち、責任ある行動を。新人のつもりで頑張りたい」という言葉を引用し、「ホークスの一員となった以上、野球に全力で打ち込める環境を整えるのが監督の仕事だと考えています」とサポートを約束した。

続きを表示

2023年12月20日のニュース