ピンボール超電磁砲

巨人15年ドラ1右腕・桜井スカウト 社会人で現役復帰、ブランク1年もミキハウスでもうひと花

[ 2023年12月20日 04:00 ]

今年10月、関西六大学野球を視察する巨人・桜井スカウト
Photo By スポニチ

 巨人の15年ドラフト1位で22年限りで現役を引退した桜井俊貴スカウト(30)が、社会人野球の強豪であるミキハウスで現役復帰することが19日、分かった。来年1月に入社する予定で「巨人での経験は人生の財産。引退してからも、スカウトで勉強させていただいた」と感謝した。

 「ドラ1右腕」が超異例の決断だ。引退から1年のブランクを経て社会人野球に進む。巨人では4年目の19年に初勝利。同年は自己最多8勝を挙げリーグ制覇に貢献した。22年までのプロ7年間で通算110試合に登板して13勝を挙げ、今年からスカウトに就任。社会人野球の現場で社員と選手が一体になる様子に感銘を受け「社会人野球の雰囲気の中で活躍できれば」と現役復帰を決意。ブランクを少しでも埋めるため仕事から帰宅後にランニングで下半身を鍛え、自宅ではボールを触って指先の感覚を取り戻す努力をしてきた。

 母校・立命大OBとのつながりで入社が決まったミキハウスは、大阪府八尾市に本拠を置く強豪。今年も7月の都市対抗野球大会に3年連続4度目の出場を果たした。「会社のために都市対抗、日本選手権で勝つことが恩返しになる」と桜井氏。まだまだ30歳。もうひと花、咲かせる。

 ◇桜井 俊貴(さくらい・としき)1993年(平5)10月21生まれ、兵庫県出身の30歳。北須磨では甲子園出場なし。立命大から15年ドラフト1位で巨人入団。プロ初勝利した19年に自己最多8勝を挙げるなど、プロ7年間で通算110試合で13勝12敗、防御率5.18。昨年限りで現役を引退し、今年から球団スカウト。1メートル82、89キロ。右投げ右打ち。

 ▽ミキハウス硬式野球部 95年創部。05年に都市対抗初出場を果たすも、同年限りで活動休止。09年にミキハウスREDSとして活動を再開。18年12月に大阪府八尾市を本拠地とする企業登録チーム「ミキハウス硬式野球部」として再出発した。都市対抗は通算4度出場で、21年大会から3年連続出場を果たす。OBで主なプロ野球選手は元日本ハム、楽天の吉崎勝、今秋ドラフトで阪神から2位指名された椎葉剛。 

続きを表示

この記事のフォト

2023年12月20日のニュース